< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >
  人気ワイン・ランキングを毎週水曜に更新 !!

Rakuten 音のカタログ・中古情報 *スピーカーシステム / ユニット(順番は新着順です)
▶ご案内の中古品は楽天市場の他にリアル店鋪でも販売されているケースがあるため、売却済みの場合があります。
▶ポイント特典及び、中古保証の有無と送料は出展各社様により異なります。▶販売価格は予告なく変更される場合があります。

<中古> 美品 !!
Pioneer
S-1000TWIN(ペア)


175,824円
(税込)
(2019/6/22 10:04時点)



▲ 1991年発売(1台¥240,000/税抜)
バーチカル・ツイン(仮想同軸)方式による
ユニット配置の元祖はJBL。20㎝口径のダブルウーファーと、
ドーム・ダイアフラムのツイーターをウッドホーンに
組み合わせた2ウェイ。エンクロージャーはリアダクトの
バスレフ型、その入念な造りは見事です。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
JBL
STADIO MONITOR
4425(ペア)

198,000円(税込)
(2019/6/22 09:58時点)



▲ 1985年発売(1台¥250,000/税抜)
メディアム・クラスのスタジオ・モニター。
当時の急激な円高で断続的に価格を下げ、
発売から4年後には150,000円となった。
独特な形状のバイ・ラジアルホーンは、コンプレッション
ドライバーの特性をダイレクトに引き出し、ブロードな
指向特性を描く。ベースとなる30㎝ウーファーは
単売された2214H。

 

 


<中古>
JBL
STUDIO590CH(ペア)


168,000円(税込)
(2019/6/22 09:58時点)



▲ 2011年発売(1台¥120,000/税抜)
同シリーズのトップモデル。理にかなった
独創的な意匠はJBLならではのもの。ユニット構成は、
20㎝口径のダブルウーファーと、コンプレッション
ドライバー+ホーンの2ウェイ。エンクロージャーは
リアダクトのバスレフ型。入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
TANNOY
BALMORAL(ペア)

258,000円(税込)
(2019/6/18 08:55時点)



▲ 1981年発売(1台¥240,000/税抜)
アメリカのハーマン・グループ時代のモデル。
バークレイ・シリーズの後継機で、30㎝口径の
同軸2ウェイによるバスレフ型。エンクロージャーは
奥行のあるプロポーションが特長。

<中古>
DIATONE
DS-2000(ペア)

118,000円(税込)
(2019/6/18 08:51時点)



▲ 1985年発売(1台¥168,000/税抜)
当時の先端技術を集約したシリーズのトップモデル。
30㎝ウーファーは、ハニカムコーンと
ポリアミド繊維によるハイブリット仕様。ミッドレンジと
ツィーターはボロン・ダイアフラムによるドーム型。
エンクロージャーは完全密閉型。

<中古>
Victor
SX-V7(ペア)

158,000円(税込)
(2019/6/14 11:57時点)



▲ 1995年発売(1台¥190,000/税抜)
オーディオの構造不況の中で、採算を度外視した造りに
驚く。無垢のマホガニーによるテーパー形状の
エンクロージャーは、リアダクトのバスレフ型。
ユニットは20㎝ウーファーとソフトドームによる
3ウェイ。ビクターの底力が偲ばれる。

<中古>
KEF
LS50 (ペア)

81,600円(税込)
(2019/6/7 08:26時点)



▲ 2012年発売(ペア¥110,000/税抜)
イギリス「KEF」の創立50周年記念モデル。
多くの特許を持つ13㎝口径の同軸2ウェイ・ユニットを
アセンブリーした小型の秀作システム。
エンクロージャーは球面のバッフルを持つ
リアダクトのバスレフ型。

<中古>
TANNOY
STIRLING GR(ペア)


568,000円(税込)
(2019/5/22 09:00時点)



▲ 2013年発売(1台¥380,000/税抜)
使用ユニットは、ツイン・マグネットによる
25㎝同軸2ウェイ。エンクロージャーはスリット・ポートの
バスレフ型で、工芸品並みの造りが見事。
入力はバイ・ワイヤリング仕様。

<中古>
TANNOY
System 10(ペア)
(H3900660)

139,800円(税込)
(2019/5/22 09:16時点)



▲ 1991年発売(1台¥/160,000税抜)
プロ用として開発されたSTUDIOシリーズの
中型モデル。そのため、エンボス加工の粗い仕上げは
好みが別れる。使用ユニットは同シリーズ用に開発された
25㎝同軸2ウェイ。エンクロージャーはパイプダクトの
バスレフ型。入力はバイ・ワイヤリング仕様。

<中古>
JBL
コントロール・モニター
4312E(ペア)

152,000円(税込)
(2019/5/22 09:06時点)



▲ 2010年発売(1台¥110,000/税抜)
基本を変えずに進化を重ねたコントロール
モニターの定番。30㎝ウーファー、12.5㎝のミッドレンジ、
アルミ・マグネシューム合金のドームツィーターからなる
3ウェイ・バスレフ型。

<中古>
Fostex
G1300 (ペア)

161,000円(税込)
(2019/5/22 09:05時点)



▲ 2007年発売(1台¥150,000/税抜)
特異なコーン形状の13㎝ウーファーと
マグネシューム・ドームツイーターのコンビネーションで、
一躍、高級小型システムの仲間入りを果たした実績は
さすが。入力はバイ・ワイヤリング仕様。

<中古>
YAMAHA
NS-1000M(ペア)

109,800円(税込)
(2019/5/9 09:51時点)



▲ 1974年発売(1台¥108,000/税抜)
モニターの名を冠し、ヤマハ・オーディオの
ブランド力を世界に知らしめた
超ロングセラー・モデル。

<中古>
JVC(Victor)
SX-M3(ペア)
(77)

89,800円(税込)
(2019/4/27 09:05時点)



▲ 2008年発売(1台¥119,000/税抜)
使用ユニットは、マグネシウム振動板による
14.5㎝ウーファーとドーム型ツィーターからなる2ウェイ。
箱は徹底した無共振化構造によるリア・ダクトのバスレフ型。
ブリリアントな音の造型が魅力。
なお、JVCは2017年に「Victor」ブランドを復活させた。

<中古>未使用品 !!

Pioneer
S-PM30(ペア)


89,424円(税込)
(2019/4/27 08:59時点)



▲ 2016年発売(ペア¥95,000/税抜)
ONKYOグループとなったパイオニアの
ロングセラーモデル。使用ユニットは、10㎝の
ダブルウーファーと5㎝コーン型ツィーターからなる
バーチカル・ツイン方式。そのルーツはJBL。
箱はピュア・モルト・ウイスキーの樽材を使用した
リア・ダクトのバスレフ型で、サントリーとの
共同開発による。

<中古>
QUAD
静電型スピーカー 
ESL-2905(ペア)
(KK9N0D18P)

980,000円(税込)
(2019/4/20 10:38時点)



▲ 2006年発売(1台¥900,000/税抜)
英国QUADの創立70周年記念モデル。
独特な音場感と静謐な音の響は、静電型のシステムならでは。
ただし、使用環境にはそれなりの注意と配慮が必要。

<中古>
DIATONE
DS-9Z(ペア)

112,000円(税込)
(2019/4/12 11:38時点)



▲ 1986年発売(ペア¥278,000/税抜)
ダイヤトーンのSPテクノロジーを集約した
完全密閉型の2ウェイ・システム。
ユニットはハニカム構造の振動板による20㎝ウーファーと、
ボロン・ダイアフラム・ツィーター。箱は、定在波の発生防止
と無共進化の徹底を図った独自な形状。

<中古>
HARBETH
HL COMPACT 7ES-3
(ペア)

206,000円(税込)
(2019/3/27 09:55時点)



▲ 2006年発売(1台¥165,000/税抜)
英国BBCにモニターシステムを供給してきた
ハーベスの中型システム。ポリプロピレンコーン系の
20cmウーファーとアルミドーム・ツィーターによる
2ウェイバスレフ型。

<中古>
JBL
コントロール・モニター
4318 (ペア)

192,000円(税込)
(2019/3/27 09:56時点)



▲ 2004年発売(1台¥150,000→175,000/税抜)
JBL伝統の系譜であるコントロール・モニター。
ユニット構成は30㎝ウーファー、12.5㎝コーン・ミッド
レンジ、ピュアチタン・ドームツィーターによる
3ウェイバスレフ型。入力はバイ・ワイヤリング仕様。

<中古>
Technics
SB-RX70(ペア)
(商品 No.69-0)

59,800円(税込)
(2019/3/1 14:40時点)



▲ 1988年発売(1台¥65,000/税抜)
搭載ユニットは、平面振動板による
24cm同軸2ウェイ。その構造ゆえに位相の乱れがなく、
優れたステレオ音場が得られる。箱はリアダクトの
バスレフ型。入力はバイ・ワイヤリング仕様。

<中古>
TANNOY
Glenair(ペア)


598,104円(税込)
(2019/2/21 10:03時点)




▲ 2005年発売(1台¥470,000/税抜)
38cm口径の同軸2ウェイユニットを使用した
Glenair (グレンエア)シリーズのステイタスモデル。
エンクロージャーの奥行はテーパー形状。
使用材は樺(かば)の高密度積層合板。入力はアース端子
付きのバイ・ワイヤリング仕様となっている。

<中古>
HARBETH
Monitor30 (ペア)

252,000円(税込)
(2019/2/16 10:15時点)




▲ 2003年発売(1台¥210,000/税抜)
ナレーションなどのチェック用に開発された
英国BBCのリプレイス・モニター・システム。
そのため、高域特性は20,000Hzと控えめ。
使用ユニットは20cmウーファーと2.5cmソフト・ドームの
2ウェイ・バスレフ型。

<中古>
VICTOR
SX-500 DOLCE
(ペア)

63,800円(税込)
(2018/12/28 13:05時点)



▲ 1993年発売(ペア¥99,800/税抜)
地道に改良を重ねてきたモデルだけに、
そのクオリティーは現代にも十分に通用する。
ユニット構成は、アルニコ・マグネットの20cmウーファーと、
ソフトドーム・ツィーターの2ウェイ密閉型。
別売のスピーカースタンド(ペア¥35,000)付き。

<中古>
ONKYO
Scepter 10 (ペア)
(1216BH)8CP!-2
(RCP)

151,200円(税込)
(2018/12/25 11:10時点)



▲ 1976年発売(1台¥132,000/税抜)
JBLを手本にしたONKYOの力作。
38cmウーファーと、コンプレッション・ドライバーを
音響レンズ付きのストレートホーンにカップリング。
2ウェイバスレフ型の大型フロアーシステム。
 

<中古>
JBL
MONITOR 2120
(ペア)

168,000円(税込)
(2018/12/14 10:11時点)



▲1974年発売(1台¥100,000/税抜) 
サンスイのアセンブリーによるフルレンジシステム。
使用ユニットは25cm口径のJBL 2120。
これにJBLのツィーター「Pro 2405」を加えて
2ウェイにシステムアップしている。
2405のロウはコンデンサーのみでカット。

<中古>
JBL
4301B(ペア)

85,000円(税込)
(2018/12/14 10:17時点)



▲ 1980年発売(1台¥93,000/税抜) 
当時、国産上級クラスのブックシェルモデル
といえども、このシンプル2ウェイの「4301B」に比肩する
モデルは、そうざらになかった。20cmウーファーと
コーンツィーターによるバスレフ型。

<中古>
TEAC
S-300HR(ペア)
(71)

45,800円(税込)
(2018/12/12 14:59時点)



▲ 2016年発売/現行品 
オープン価格(実勢価格ペア60,000円前後)
専門誌に取り上げられる機会は少ないが、音もデザインも
水準以上。使用ユニットは13cmウーファーと
チタンドームの2ウェイコアキシャル。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
JBL
ドライバー LE85
ホーン HL-91
(ペア)

68,000円(税込)
(2018/8/8 09:09時点)



▲1981年モデル(LE85/1本¥80,000/税抜)
(HL91/1本¥21,000/税抜)
ドライバーのLE85は、1960年代の「オリンパスS507」や
1970年代の「L300」等の銘作に使われた著名ユニット。
いわゆるJBLサウンドの原点。同社のドライバー「175」を
使用のオーナー様には、グレードアップの代替ユニット
としてお薦め。ホームユースであれば800Hzの低い
クロスオーバー(12dB/oct)で使用可。
スラントプレート(音響レンズ)欠品。

<中古>
ALTEC
620A Monitor
(ペア)

298,000円(税込)
(2018/7/20 15:35時点)



▲1977年頃の発売(1台¥358,500/税抜)
かなり使い込まれた感じ・・・。
使用ユニットはコンプレッション・ドライバーと
マルチセルラホーンを38cmウーファーにアセンブリーした
同軸フルレンジの銘作「604-8G」。音圧レベルが103dBと
高いのでアンプの出力は15W×2(8Ω)もあれば十分。

<中古>
TANNOY
PRECISION 6.4
ブラック
ピアノフィニッシュ
(ペア)

275,000円(税込)
(2018/7/2 11:20時点)



▲ 2012年発売(1台¥220,000/税抜)
PRECISIONシリーズのトップモデル。
15cm同軸2ウェイユニットに、同径のバスウーファーと
パッシブラジエター×2を加えて、クロスオーバーは
理想的な170Hzの低さ。
入力はアース端子付きのバイ・ワイヤリング
仕様で、バイアンプドライブにも対応。

<中古>
グッドマン 
30cmフルレンジ 
AXIOM 301(ペア)

98,000円(税込)
(2018/6/23 07:45時点)



▲ 1950年代後半の発売(1本 ¥25,000)
ブリティッシュ・サウンドの系譜を知るためには
貴重なダブルコーン・ユニット。そうした意味でコレクター
向き。鳴らすには、200リッターほどのバスレフ型が
おすすめ。

<中古>
TANNOY
CANTERBUR GR
カンタベリー
{ペア}

2,625,000円 (税込)
(2018/3/20 14:14時点)



▲ 2013年発売/現行品 (1台¥1,650,000/税抜)
強力なアルニコ・マグネットによる38cm口径デュアル
コンセントリック・ユニット(同軸2ウェイ)を使用。
エンクロージャーは、随所にウォルナットの無垢材を使った
極めて贅沢な造り。スリットポートによるバスレフ型。
入力はバイ・ワイヤリング仕様。

*最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ステレオの産業史

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
HI-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990

AV時代の到来と
CDの登場
INDEX

*国内ブランド

ACCUPHASE 
AUDIO TECHNICA
CORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
LO-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVE
SANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 










 

 










































当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.