< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >
  < 日本とEUのEPA協定の発効で、関税なしのワインコーナーを新設 !! >

■ 楽天市場の閲覧ができない場合は、OSを確認のうえプラウザのアップグレードをお薦めします。

Rakuten 音のカタログ *中古情報 スピーカーシステム / ユニット(順番は新着順です)
▶ご案内の中古品は楽天市場の他にリアル店鋪でも販売されているケースがあるため、売却済みの場合があります。
▶ポイント特典及び、中古保証の有無と送料は出展各社様により異なります。▶販売価格は予告なく変更される場合があります。

<中古>
HARBETH
Monitor30 (ペア)

252,000円(税込)
(2019/2/16 10:15時点)



▲ 2003年発売(1台¥210,000/税抜)
ナレーションなどのチェック用に開発された
英国BBCのリプレイス・モニター・システム。
そのため、高域特性は20,000Hzと控えめ。
使用ユニットは20cmウーファーと2.5cmソフト・ドームの
2ウェイ・バスレフ型。

<中古>
TANNOY
IIILZ Monitor Gold
(ペア
)

282,096円(税込)
(2019/2/8 09:52時点)



▲ 1967年発売(1台¥87,500/税抜)
25cm同軸ユニット Monitor Gold による IIILZ。
半世紀前の伝説的な名声を、現代において同列に評価する
ことは難しい・・・。箱はオリジナルの密閉型。

<中古> ★未使用品 !!
TANNOY
STIRLING GR(ペア)
(75)

558,000円(税込)
(2019/2/8 09:51時点)



▲ 2013年発売/現行品(1台¥380,000/税抜)
フェライトのツインマグネットによる25cm同軸ユニットを
使用。エンクロージャーはスリットポートのバスレフ型。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
KEF
Q300

44,600円(税込)
(2019/1/24 11:18時点)



▲ 2010年発売(ペア¥66,000/税抜)
イギリスKEFのフレンジシステム。
使用ユニットは、Uni-Qドライバーと呼ばれる16.5cm
同軸2ウェイのバスレフ型。高域特性は40,000Hz。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古> MUSIKERECTRONIC
ME100 (ペア)

432,000円(税込)
(2019/1/9 13:33時点)



▲ 現行モデル(1台¥368,000/税抜)
同社の正式フル名称はミュージカ・エレクトロ
カイザン。その名とおりドイツ製である。
何の変哲もない16cm2ウェイのコアキシャル・ユニットを
角型ポートの素っ気ない箱にアセンブリーしたもの。
しかし、驚くのは、そのキャリアと破格の価格・・・。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
VICTOR
SX-500 DOLCE
(ペア)

63,800円(税込)
(2018/12/28 13:05時点)



▲ 1993年発売(ペア¥99,800/税抜)
地道に改良を重ねてきたモデルだけに、
そのクオリティーは現代にも十分に通用する。
ユニット構成は、アルニコ・マグネットの20cmウーファーと、
ソフトドーム・ツィーターの2ウェイ密閉型。
別売のスピーカースタンド(ペア¥35,000)付き。

<中古>
ONKYO
Scepter 10 (ペア)
(1216BH)8CP!-2
(RCP)

151,200円(税込)
(2018/12/25 11:10時点)



▲ 1976年発売(1台¥132,000/税抜)
JBLを手本にしたONKYOの力作。
38cmウーファーと、コンプレッション・ドライバーを
音響レンズ付きのストレートホーンにカップリング。
2ウェイバスレフ型の大型フロアーシステム。

<中古>
JBL
L-26 DECADE 
(ペア)

78,000円(税込)
(2018/12/16 10:40時点)



▲1973年発売(1台¥82,000/税抜) 
当時、このクラスのJBLでは弦の音が粗いとの風評が
あったが、決してそんなことはない。
もちろんジャズを鳴らせば抜きんでた音を聴かせたが・・・。
25cmウーファーとコーンツイーターの
2ウェイバスレフ型。

<中古>
JBL
MONITOR 2120
(ペア)

168,000円(税込)
(2018/12/14 10:11時点)



▲1974年発売(1台¥100,000/税抜) 
サンスイのアセンブリーによるフルレンジシステム。
使用ユニットはJBLの25cm口径「model 2120」。
これにJBLのツィーター「Pro 2405」を加えて2ウェイに
システムアップしている。
2405のロウはコンデンサーのみでカット。

<中古>
JBL
4301B(ペア)

85,000円(税込)
(2018/12/14 10:17時点)



▲ 1980年発売(1台¥93,000/税抜) 
当時、国産上級クラスのブックシェルモデルといえども、
このシンプル2ウェイの「4301B」に比肩するモデルは、
そうざらになかった。20cmウーファーと
コーンツィーターによるバスレフ型。

<中古>
DALI
Helicon300 MK2
(ペア)

200,000円(税込)
(2018/12/14 10:08時点)



▲ 2007年発売(1台¥220,000税抜) 
曲面構造のエンクロージャーはリアダクトのバスレフ型。
ユニット構成は16.5cmウーファー、ドーム型の
ミッドレンジ、リボン型ツィーターの3ウェイ。
入力はバイワイヤリング仕様。モダンな造りと
上質な響きは、やはりデンマーク製。

<中古>
TEAC
S-300HR(ペア)
(71)

45,800円(税込)
(2018/12/12 14:59時点)



▲ 2016年発売/現行品 
オープン価格(実勢価格ペア60,000円前後)
専門誌に取り上げられる機会は少ないが、音もデザインも
水準以上。使用ユニットは13cmウーファーと
チタンドームの2ウェイコアキシャル。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
SONY
SS-NA5ESpe(ペア)
(商品 No.83-0)

218,000円(税込)
(2018/12/4 10:04時点)



▲ 2013年発売(ペア¥308,600/税抜)
ソニーらしく物理特性の優秀さを思わせる小型システムの
高級モデル。ドーム型ミッドレンジの上下に
2本のドームツィーターを配したアレー方式で
優れた指向特性が得られる。ウーファーは13cm口径。
箱はリアダクトのバスレフ型。

<中古>
ortofon
Kailas SS200
(ペア)

91,400円(税込)
(2018/11/15 09:47時点)



▲ 2013年発売(ペア¥190,000/税抜)
デンマーク、オルトフォン・ブランドの
日本製。ユニットはスェーデンのOEM。15cmウーファーと
2.5cmドームツィーターの2ウェイ。
箱は岐阜県・飛騨の工房が製作したものでバッフルには
樺桜が使われている。リアダクトのバスレフ型。

<中古>
YAMAHA
NS-7(ペア)

118,000円(税込)
(2018/10/12 09:53時点)



▲ 1993年発売(ペア¥220,000/税抜)
バッフルには北米産のハードメープル材を使用。
ポリプロピレン系の16cmウーファーとソフトドーム
ツィーターの2ウェイ密閉型。
ベリリウム・ダイアフラムのNS-1000Mとは
対照的な響き・・・。
 

<中古>
LINN
NINKA(ペア)

103,800円(税込)
(2018/10/10 14:29時点)


▲ 2000年発売(ペア¥320,000/税抜)
イギリスの名だたるオーディオ・ブランドの中でも、
王室御用達を標榜しているのはLINNだけ。奥行きのある
テーパー構造のシステムは、 16cmの低・中音ユニットと
ソフトドームツィーターの3ウェイ密閉型。
入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
ELAC
FS207A
(ペア)


146,000円(税込)
(2018/9/13 09:50時点)




▲ 2007年発売(ペア¥250,000/税抜)
ドイツの名門ブランドELAC(エラック)。
独自の15cmハイブリット・ウーファーと「JFT III」
ツィーター(リボン型の一種)による3ウェイ。
2本のウーファーは並列駆動ではなく、
バスとミッドレンジとしてクロス。箱はリアダクトの
バスレフ型。入力はバイワイヤリング仕様。

<中古>
JBL
ドライバー LE85
ホーン HL-91
(ペア)

68,000円(税込)
(2018/8/8 09:09時点)



▲1981年モデル(LE85/1本¥80,000/税抜)
(HL91/1本¥21,000/税抜)
ドライバーのLE85は、1960年代の「オリンパスS507」や
1970年代の「L300」等の銘作に使われた著名ユニット。
いわゆるJBLサウンドの原点。同社のドライバー「175」を
使用のオーナー様には、グレードアップの代替ユニット
としてお薦め。ホームユースであれば800Hzの低い
クロスオーバー(12dB/oct)で使用可。
スラントプレート(音響レンズ)欠品。

<中古>
ALTEC
620A Monitor
(ペア)

298,000円(税込)
(2018/7/20 15:35時点)



▲1977年頃の発売(1台¥358,500/税抜)
かなり使い込まれた感じ・・・。
使用ユニットはコンプレッション・ドライバーと
マルチセルラホーンを38cmウーファーにアセンブリーした
同軸フルレンジの銘作「604-8G」。音圧レベルが103dBと
高いのでアンプの出力は15W×2(8Ω)もあれば十分。

<中古>
HARBETH
HL COMPACT 7ES-3
(ペア)


256,000円(税込)
(2018/7/13 11:14時点)



▲ 2006年発売(1台¥165,000/税抜)
英国BBCにモニターシステムを供給してきたハーベスの
中型システム。ポリプロピレンコーンの20cmウーファーと
アルミドーム・ツィーターからなる2ウェイバスレフ型。

<中古>
TANNOY
PRECISION 6.4
ブラック
ピアノフィニッシュ
(ペア)

275,000円(税込)
(2018/7/2 11:20時点)



▲ 2012年発売(1台¥220,000/税抜)
PRECISIONシリーズのトップモデル。
15cm同軸2ウェイユニットに、同径のバスウーファーと
パッシブラジエター×2を加えて、クロスオーバーは
理想的な170Hzの低さ。
入力はアース端子付きのバイワイヤリング
仕様で、バイアンプドライブにも対応。

<中古>
グッドマン 
30cmフルレンジ 
AXIOM 301(ペア)

98,000円(税込)
(2018/6/23 07:45時点)



▲ 1950年代後半の発売(1本 ¥25,000)
ブリティッシュ・サウンドの系譜を知るためには
貴重なダブルコーン・ユニット。そうした意味でコレクター
向き。鳴らすには、200リッターほどのバスレフ型が
おすすめ。

<中古>
TANNOY
CANTERBUR GR
カンタベリー
{ペア}

2,625,000円 (税込)
(2018/3/20 14:14時点)



▲ 2013年発売/現行品 (1台¥1,650,000/税抜)
強力なアルニコ・マグネットによる38cm口径デュアル
コンセントリック・ユニット(同軸2ウェイ)を使用。
エンクロージャーは、随所にウォルナットの無垢材を使った
極めて贅沢な造り。スリットポートによるバスレフ型。

*最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ステレオの産業史

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
HI-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990

AV時代の到来と
CDの登場
INDEX

*国内ブランド

ACCUPHASE 
AUDIO TECHNICA
CORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
LO-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVE
SANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 










 

 










































当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.