< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >
  < ボジョレー・ヌーヴォー 2018 11月15日解禁 >

■ 楽天市場の閲覧ができない場合は、OSを確認のうえプラウザのアップグレードをお薦めします。

Rakuten 音のカタログ *中古情報 インテグレーテッドアンプ(順番は新着順です)
▶ご案内の中古品は楽天市場の他にリアル店鋪でも販売されているケースがあるため、売却済みの場合があります。
▶ポイント特典及び、中古保証の有無と送料は出展各社様により異なります。▶販売価格は予告なく変更される場合があります。。

<中古>
McIntosh
MA6900

452,000円(税込)
(2018/11/16 09:44時点)



▲2001年発売(¥680,000/税抜)
同社独自の出力トランスの搭載で
インピーダンスの負荷変動に影響されないクォリティー
パワーを保証。定格出力は200W×2(2・4・8Ω)。
5素子(30Hz〜10KHz)のイコライザー効果は
使いこなして初めて解る。フォノ入力はMMに対応。

<中古>
KRELL
KAV300i

149,800円(税込)
(2018/11/7 09:43時点)



▲1996年発売(¥510,000/税抜)
アメリカのハイエンド・ブランド「クレル」初の
インテグレーテッドアンプ「K-300i」のブラッシュアップ
モデル。大型トロイダルトランス搭載の3パラレル
プッシュプルの出力段。定格出力は150W×2(8Ω)。
レコード再生にはイコライザーアンプが必要。

<中古>
TRIGON
ENERGY

149,600円(税込)
(2018/11/6 09:48時点)



▲ 2006年発売(¥472,500/税抜)
プリとパワーで日本デビューを飾った
ドイツ「トライゴン」初のインテグレーテッドアンプ。
電源部には、左右チャンネル用と制御用の独立した
3つのトロイダルトランスを搭載。最大出力は8Ω負荷で
100W×2。レコード再生にはイコライザーアンプが必要。
やはり、欧州系スピーカーとの相性がいいようだ。

<中古>
McIntosh
MA6600

499,800円(税込)
(2018/11/4 10:15時点)



▲ 2009年発売(¥680,000/税抜)
マニュアル感覚で操作できるデジタルボリューを
装備。スピーカー端子は、各インピーダンス(2・4・8Ω)
専用の3系統。定格出力は負荷変動に影響されない
200W×2のクォリティーパワーを保証している。
フォノ入力はMMに対応。
スピーカーを選ばぬ良さは同社の伝統。

<中古>
DENON
PMA-SX1

349,800円(税込)
(2018/10/22 09:37時点)



▲ 2014年発売/現行品(¥580,000/税抜)
同社のフラッグシップモデル。クリーン強力電源による
シングルプッシュプルの出力段。
フォノ入力には、MCとMMそれぞれ専用のイコライザーを
搭載。定格出力は50W×2(8Ω)、4Ω負荷の実用
最大出力は100W×2。

<中古>
YAMAHA
CA-1000III
(64)

49,800円(税込)
(2018/10/17 11:04時点)



▲1976年発売(¥128,000/税抜)
年式の割りに程度が良い。AB級切替アンプの先鞭をつけた
ロングセラーモデル。A級の定格出力は20W×2(8Ω)、
B級では100W×2(8Ω)のゆとりのパワー。
ヤマハオーディオの技術力とデザインセンスの高さを
世界に広めた。

<中古>
Accuphase
E-360

299,800円(税込)
(2018/10/14 09:38時点)



▲ 2011年発売(¥380,000/税抜)
同社独自の高精度ボリュームAAVAを搭載。
出力段は大容量トランジスターのパラレル・プッシュプル。
定格出力は100W×2(8Ω)、4Ω負荷では140W×2。
レコード再生には、本体にカップリングできる
アナログ入力ボードAD-30をお薦め。希望小売価格は
64,800円(税込)。

<中古>
Accuphase
E470

419,800円(税込)
(2018/9/17 08:49時点)



▲ 2014年発売/現行品(¥500,000/税抜)
大容量トロイダルトランスの電源部とパワーMOS FET
3パラレルプッシュプルの出力段。
定格出力は180W×2(8Ω)、4Ω負荷では260W×2。
レコード再生には、本体にカップリングできる
アナログ入力ボードAD-30をお薦め。
希望小売価格は64,800円(税込)。

<中古>
UESUGI
UT-50

249,800円(税込)
(2018/9/13 10:00時点)




▲ 2002年発売(¥500,000/税抜)
上杉研究所の400台限定モデルで、当時の発売元は
ESOTERIC。パワー部は、高い信頼性のムラード型
プッシュプル方式。最大出力は22W×2。
出力管はアメリカのエレクトロ・ハーモニクス社に交換。
レコード再生にはイコライザーアンプが必要。

<中古>
SONY
TA-F501

56,000円(税込)
(2018/8/20 08:43時点)



▲ 2007年発売(¥91,540/税抜)
セールスプロモーションのコンセプトは「大人のコンポ」。
簡潔なデザインの中身は32bitのフルデジタル構成。
定格出力は50W×2(6Ω)。付属のマイクで部屋の音場補正が
可能。フォノ入力はMMのみに対応。6ヶ月の中古保証付き。

<中古>
UNISON RESEARCH
Simply Four

179,800円(税込)
(2018/8/17 10:17時点)



▲ 1995年発売(¥260,000/税抜)
出力段にEL34を使用したパラレルシングル構成。
定格出力は14W×2(4・8Ω)。レコード再生には
イコライザーアンプが必要。イタリア・マインドの
ウッドパネルは、やや凝り過ぎ・・・。

<中古>
SANSUI
AU-D907G EXTRA
@YA管理1-53-
823030149

78,000円(税込)
(2018/7/4 09:28時点)



▲ 1983年発売(¥178,000/税抜)
年式は古いが程度は良い。MOS FETのDCアンプで、
サンスイ独自のダイヤモンド作動回路が高いに評価に
つながった。実行出力は130W×2(8Ω)。
フォノ入力はMMとMCに対応。

<中古>
ONKYO
デジタルアンプ
A-1VL

76,200円(税込)
(2018/6/21 11:09時点)



▲ 2014年発売(¥160,000/税抜)
左右チャンネル独立のトロイダルトランスの電源部と、
同社独自のVL.Digtal 回路による理想的なデジタル伝送。
定格出力は100W×2(8Ω)。フォノ入力はMMに対応。

<中古>
marantz
PM17SA VER2

54,400円(税込)
(2018/6/12 11:26時点)



▲ 2002年発売(¥120,000/税抜)
日本マランツのロングセラーモデル。
フォノ入力はMCにも対応。定格出力は60W×2(8Ω)、
4Ω負荷で100W✕2。

*最後までご覧いただき、ありがとうございます。


ステレオの産業史

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
HI-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990

AV時代の到来と
CDの登場
INDEX

*国内ブランド

ACCUPHASE 
AUDIO TECHNICA
CORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
LO-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVE
SANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 










 

 













































当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.