< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >
  人気ワイン・ランキングを毎週水曜に更新 !!

Rakuten 音のカタログ・中古情報 <インテグレーテッドアンプ>
▶写真は一部を除き、識別のし易さを考慮してイメージ写真を使用しています。
▶ご案内の中古品は楽天市場の他にリアル店鋪でも販売されているケースがあるため、売却済みの場合があります。
   ▶ポイント特典及び、中古保証の有無と送料は出展各社様により異なります。▶販売価格は予告なく変更される場合があります。

<中古>
DENON
PMA-1500RE

67,400円(税込)
(2020/1/22 09:48時点)


▲ 2013年発売(¥120,000/税抜)
専門各誌が同価格帯のベスト・ワンに選出した
注目モデル。出力段は完全ツインモノラル構成のシングル
プッシュプルで定格出力は70W×2(8Ω)。
フォノ入力はMMに対応。

<中古>
LUXMAN
L-560
音響 機器 音楽 S4624868

69,980円(税込)
(2020/1/22 10:01時点)



▲1985年発売(¥310,000/税抜)
純A級オペレーション。同社独自の
NFB(ネガティブ・フィート・バック)技術をさらに進化
させたことで注目された。定格出力は50W×2(8Ω)。
フォの入力はMMとMCに対応。

<中古>
DENON
PMA-SX

299,800円(税込)
(2020/1/8 09:27時点)



▲ 2008年発売(¥750,000/税抜)
UHC(Ultra Hight Curren)MOSFETの優れた
デバイスで、インテグレーテッド・アンプの限界に臨んだ
シングル・プッシュプル。クォリティー・パワーの定格出力は
50W×2(8Ω)、フォノイコライザーは相互干渉を防ぐ
ために信号のON・OFFができる完全独立型。

<中古>
Accuphase
E-600

599,800円(税込)
(2020/1/6 15:14時点)



▲ 2013年発売(¥680,000/税抜)
純A級オペレ ーション。同社定番のパワーMOSFETによる
3パラレル・プッシュプル。
定格出力は30W×2(8Ω)、4Ω負荷で60W×2。
本体にビルトインできる増設ボードは、MM・MCの
フォノ入力用、デジタル入力用、ライン入力用と
目的に合わせて選べます。

<中古>
McIntosh
MA6900

422,000円(税込)
(2020/1/6 15:14時点)



▲ 2001年発売(¥680,000/税抜)
同社独自の出力トランス搭載で、インピーダンスの
負荷変動に影響されない定格出力は450W×2(2・4・8Ω)。
フォノ入力はMMに対応。5素子(30Hz〜10KHz)の
イコライザー効果の良さは使いこなして初めて解る。

<中古>
LUXMAN
L-590AX

399,800円(税込)
(2019/11/18 09:29時点)


▲ 2010年発売(¥530,000/税抜)
純A級オペレーション。ボリュームには電子制御の
アッテネーターを採用。従来型と比べて精度が一段と向上
しています。定格出力は30W×2(8Ω)、
4Ω負荷で60W×2。
フォノ入力はMMとMCに対応しています。

<中古>
LUXMAN
SQ-38 Signature

282,000円(税込)
(2019/11/18 09:40時点)


▲1995年発売(¥350,000/税抜)
同社のレガシーである「SQ38」の型番を受け継いだ
創業70周年記念モデル。パワー部はEL34プッシュプルに
よるウィリアムソン回路。定格出力は30W×2(6Ω)。
フォノ入力はMMに対応しています。

<中古>
LUXMAN 
L-505uXII

237,000円(税込)
(2019/10/25 10:53時点)



▲ 2017年発売(¥268,000/税抜)
プリ部のボリュームは可変抵抗を使用しない
純電子式。パワー部は同社独自のODNFサーキットで
定格出力は100W×2(8Ω)、4Ω負荷では150W×2。
フォノ入力はMMとMCに対応しています。

<中古>
LUXMAN
LX-360
(商品 No.70-0)

158,000円(税込)
(2019/10/9 09:02時点)



▲ 1985年発売(¥365,000/税抜)
両チャンネル(プリ部とパワー部)完全独立電源の管球式。
出力管は6550×4。定格出力は32W×2(8Ω)。
フォノ入力はMMに対応しています。

<中古>
SANSUI
AU-707
(88)

59,800円(税込)
(2019/9/25 07:40時点)



▲ 1979年発売(¥93,800/税抜)
左右独立電源とダイアモンド差動サーキット(完全DC構成)で
優れた音質評価を得たベストバイ・モデル。
定格出力は85W×2(8Ω)。フォノ入力はMMに対応。

<中古>
LUXMAN
L-80V
(商品 No.78-0)

89,800円(税込)
(2019/8/8 02:39時点)



▲1975年発売(¥84,500/税抜)
当時のラックス・アンプの意匠には、日本離れした独特の
魅力があった。プリ部のイコライザーにはICを採用。
メイン部は全段直結ピュアコンプリメンタリーOCL回路で
定格出力は50W×2(8Ω)。
内部点検とメンテナンス済みです。

<中古>
YAMAHA

CA-2000
(62)

69,800円(税込)
(2019/7/20 09:18時点)



▲ 1976年発売(¥158,000/税抜)
長らくベストバイ・モデルのトップにあった
ヤマハ・オーディオの銘作アンプ。純Aクラスの定格出力は
30W×2(8Ω)、Bクラスでは120W×2(8Ω)。
フォノ入力はMMとMCに対応。中古の程度は良好です。

<中古>
SONY
TA-F333ESR
(@YA管理1-53-200549)

39,800円(税込)
(2019/4/4 09:22時点)



▲ 1988年発売(¥79,800/税抜)
長らく低迷状態にあったソニーのアンプが、
高硬性・重量級のGシャーシー採用のシリーズで復活。
当時としては、中級のモデルながらCPはすこぶる高く
機能も充実。定格出力は105W×2。
MC用のヘッドアンプ搭載。

<中古>
ONKYO
A-5VL(B)
(@YA管理1-53-2826JJB310024390C)

45,800円(税込)
(2018/12/10 10:52時点)



▲ 2009年発売(¥80,000/税抜)
このクラス唯一のDAコンバーターを搭載したハイCPの
戦略モデルで、限定製産のブラック・バージョン。
フォノ入力はMMとMCに対応。定格出力は40W×2(8Ω)。
4Ω負荷では80W×2。リモコン欠品。

*最後までご覧いただき、ありがとうございます。


思い立ったが吉日「楽天カード」




ステレオの産業史

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
HI-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990

AV時代の到来と
CDの登場
INDEX

*国内ブランド

ACCUPHASE 
AUDIO TECHNICA
CORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
LO-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVE
SANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 










 

 













































当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2020 ステレオの産業史 All Rights Reserved.