ステレオの産業史|パイオニア #1
オーディオの時代を拓き、
AVの時代を先導した
パイオニア。
< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >


PIONNER & EXCLUSIVE パイオニア株式会社(現・オンキョー & パイオニア)
#1 / 1951〜1967 * #2 / 1967〜1976 * #3 / 1976〜1981 * #4 / 1981〜2000 



パイオニア PE-81951(昭和26年)
PE-8 
20cm フルレンジスピーカーユニット ¥5,700

この一作で、パイオニアはハイファイ
メーカーとしての地歩を固めた。

 当時パイオニアは、NHK技研と共同でスピ
ーカーの開発研究を行なっていたようだ。いわば、その成果が実ったユニットであったのだろう。独特の美しいカーブを描くコーン紙と、極めて貴重だったアルミボイスコイルが磁気回路に使われていた。
 この時代、大学卒の初任給が7・8千円。
一般的なスピーカーの価格が1,000円前後であったというから、この「PE-8」の並々なるぬ高級志向が分かろうというものだ。
再生周波数帯域:fo〜16,000Hz 
fo:55〜70Hz インピーダンス:8Ω/16Ω  


パイオニア PT-011958(昭和33年)パイオニア 無指向性システム試作機
PT-01
無指向性ホーンツイター ¥7,200
×
日本ビクターよりも早かった
無指向性再生への挑戦。

 同年、ベルギーのブリュッセルで開催された万国博で、右の無指向性システムの試作機が名誉賞を受賞。日本では、通産大臣から表彰された。(写真は合成)
 そのツイーター部を製品化して注目されたのが、本邦初の無指向性ツイター「PT-01」で、ビクターの球形スピーカーよりも10年早かった。


パイオニア CS-201S
1959(昭和34年)
CS-201S
 バスレフ型 2ウェイ2ユニットスピーカーシステム ¥32,000(1台)
パイオニアトーンとして評価され、注目を集めてロングランヒットした初のスピーカーシステム。
 前年、日本ビクターが本邦初のステレオシステム「STL-1S」を発売して、我が国はステレオ元年を迎えた。但し、そのデザインはどう見ても野暮だった。それに比べ、この「CS-201S」の何とモダンなことよ。ユニット構成は、20cmウーファーとホーンツイターの2ウェイという、当時としては、正統かつ本格的なもの。その明快な音色は、パイオニアトーンとして評価され、長いこと現役であり続けた。

パイオニア SM-B200
1960(昭和35年)
SM-B200
 真空管式 AM2バンドレシーバーアンプ ¥35,900
すでにアンプのデザインを確立していたパイオニア。そして多くの支持を得た。
 この年、パイオニアは本邦初のセパレートステレを発売して、業界の注目をさらった。その一方で、コンポーネントの分野でも、着実に評価を高めて支持層を広げていたのである。中でも「SM-B200」」のコントロール機能は万全。そして何よりも、使い易さを配慮したパネルレイアウトがデザイン的にも見事にまとまっていた。
 なお、AMが2バンド装備されているのは、NHKの第1放送と第2放送の2局によるステレオ放送(立体音楽堂として人気を博した)を受信するためのもの。また、文化放送と日本放送によるステレオ放送の定時番組もあった。
再生周波数帯域:fo〜16,000Hz fo:70〜80Hz インピーダンス:8Ω 重量:95g

パイオニア PIM-16A1960(昭和35年)
PIM-16A
 16cm フルレンジスピーカーユニット ¥1,700
音楽的な味付けをほど良く効かせて
スケール感にも不満がない。

 Aの付かない初期モデルは、1957年 (昭和32) の登場。
コーン紙とエッジの二重構造からなるメカニカル2ウェイで、通産すると20年余りにも渡り、現役であり続けた。
 ともかく、大きめの箱(80〜100ℓのバスレフ型)で鳴らす音は大変に心地良い。そうした意味で、ニュートラルな傾向のダイヤトーンの「P-610」とは対照的であった。
再生周波数帯域:fo〜16,000Hz 
fo:70〜80Hz インピーダンス:8Ω 
重量:95g


パイオニア PAT-30X1961(昭和36年) 
PAT-30X / PAT-38Xジャンセン G610Aカットモデル
コアキシャル 3ウェイスピーカー ユニット(ネットワーク付属) 
PXT-30X(30cm口径)¥33,500  PTX-38X(38cm口径)¥51,800

アメリカのジャンセンを彷彿とさせる3ウェイコアキシャルの力作。
 右のカットモデルが、ジャンセンの3ウェイコアキシャル。1950年代に邦貨で15万円もした。パイオニアのコアキシャルもこの構造と同じ。
 当時の国産ユニットとしては最も高価であり、
コンシューマー用というよりは、主に、当時流行の名曲喫茶などの需要に応えていたようだ。
再生周波数帯域:fo〜20,000Hz  インピーダンス:16Ω 
クロスオーバー周波:800Hz(500Hz)、3,000Hz 本体重量:11kg(15kg)
( )内はPXT-38Xの仕様



パイオニア CS-100
1966(昭和41年) 
CS-100 密閉型 3ウェイ 4ユニットスピーカー システム ¥89,000(1台)
高度成長期の余勢を買ってパイオニアが放った大型システムの豪華版。
 アンサンブル型と呼ばれた一体型のステレオが電気街から姿を消し、ソニーやテクニクスが高級コンポの市場に相次いで参入した頃の豪華システムである。この頃のパイオニアは、松下電機と並ぶスピーカーの生産量を誇り、市販ユニ
ットは実に豊富であった。このシステムも、ウーファーとツイーターは市販ユニット。スコーカーは市販の改良型で、重厚なローズウッドの箱に収められている。スケール感に富む重厚な響きは、当時のパイオニアの伝統であった。
使用ユニット:38cmウーファー PW-38F、16cmコーンスコーカー×2、ホーンツイーター PT-7
再生周波数帯域:20〜20,000Hz 
クロスオーバー周波数:700Hz、4,200Hz 
外形寸法:W600×H960×D445mm 重量:63kg


パイオニア MU-411966(昭和41年) 
MU-41 ベルトドライブターンテーブル ¥25,000
プレーヤーの自作時代に果たした役割は、とても大きい。
 これまでの主流だったリムドライブ(ゴム製のプーリーを介してターンテーブルを回す)よりも、ベルトを介してターンテーブルを回す方がモーターの振動を伝えない、と言うもっともらしい理屈でベルトドライブ方式は登場した。ところが、高級品といわれた某メーカーのターンテーブルはモーターの振動がひどく、ボードに耳を押し当てると、もろに回転の音が聞こえた。そうした中にあって、この「MU-41」は、中クラスの価格ながら、モーターに直接触れても振動がほとんど感じられないほどに静かであった。プレーヤーの自作時代に果たした役割は、とても大きい。
ターンテーブル:アルミダイカスト製、31cm、2.2kg 
モーター:4極ヒステリシス・シンクロナスモーター

パイオニア PAT-20X
1967(昭和42年)
PAT-20X 
20cmコアキシャル 3ウェイスピーカーユニット
¥28,000(ネットワーク付属)

世界に誇れる希少な存在。
同軸ホーンにリボンツイーターを
加えた3ウェイコアキシャル。

 当時、このタイプの人気は高く、コーラルやテクニクスからも、多くのユニットが発売されていた。その中で、ミッドレンジの同軸ホーンにリボンツイーターを加えて、ワイドレンジ化をはかった3ウエイコアキシャルは、世界でも類がなかった。口径こそ、タンノイやアルテックと比べれば、小ぶりではあったが、世界に誇れる稀少なユニットであったことは確かだ。
再生周波数帯域:fo〜40,000Hz 
fo:23〜37Hz 
インピーダンス:8Ω 
本体重量:5kg
パイオニア PM-100/PT-100
1967(昭和42年)
PM-100 / PT-100 ■ PM-100マルチセクトラルホーン
¥36,000 ■ PT-100マルチセクトラルホーンツイーター¥9,800
見るからに頼もしい姿と形。3ウェイの音は堂々たるスケールで聴かせる。

 JBLやALTECは、余りにも高価で手が届かない、というマニア諸氏には、願ってもない本格的なホーンスコーカーとホーンツイターであった。組合わすウーファーは、38cm口径の「PW-38F」。当時は、マルチチャンネルアンプが、評論家の先走りでブームの様相を呈していたが、投資の対価に等しい効果が得られるかどうかは甚パイオニア DN-25/DN-30/AT-8Sだ疑問であった。そうした意味でも、写真のデバイディング・ネットワークとアッテネーターは欠かすことができなかった。特にネットワークは、クロスオーバーが切り替えられるという便利さと、使用パーツの信頼性が高く、安心して使用することができた。当時の国内メーカーで、これほどに周到なラインアップをしていたのは、さすがにパイオニアだけである。
セクトラルホーンスコーカー PM-100
再生周波数帯域:300〜6,000Hz 
推奨クロスオーバー周波数:500Hz、5,000Hz 
インピーダンス:8Ω 外形寸法:W442×H268×D615
重量:8.5kg

ホーンツイーター PT-100
再生周波数帯域:2,900〜20,000Hz 
クロスオーバー周波数:2,900Hz以上 
インピーダンス:8Ω 重量:1.84kg





#1 / 1951〜1967 * #2 / 1967〜1976 * #3 / 1976〜1981 * #4 / 1981〜2000 

ご意見メール! 気ままにお寄せください・・・ads@jcom.home.ne.jp

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
Hi-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990
AV時代の到来と
CDの登場

INDEX

*国内ブランド
ACCUPHASE
AUDIO TECHNICACORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
Lo-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVESANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 



















































































































































































































































このページのトップ

*ステレオの産業史|TOP PAGE1881〜19451946〜19571958〜19651966〜19701971〜19801981〜1990
*国内ブランド|ACCUPHASEAUDIO TECHNICACORALDENON
DIATONEEROICA & UESUGIFOSTEXGRACELIVING AUDIOLO-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVESANSUISONYSTAXTECHNICSTRIO & KENWOODVICTOR (JVC)YAMAHA
 |アンサンブルステレオとセパレートステレオ
*海外ブランド|ALTECARGOODMANSJBLJORDAN WATTSMARANTZMclNTOSH
ORTOFONSMETANNOY



当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.