ステレオの産業史|テクニクス #2
家電王国の底力が見事に開花
< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >


TECHNICS 松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)
#1 / 1954〜1969 * #2 / 1971〜1977 * #3 / 1977〜1986 * #4 / 1988〜1992


テクニクス SL-1100
1971(昭和46年)
SL-1100 
クオーツロック ダイレクトプレーヤー ¥72,000(アクリルカバー付き・カートリッジ別)
プレーヤーのイメージを一新。ダイカストベース採用のDDプレーヤー1号機。
 前年、世界を仰天させたダイレクト・ドライブ・ターンテーブル「SP-10」の登場によって、プレーヤーも従来のべルト駆動からDDの時代を迎えた。その記念すべき1号機である。その優れたスペックは改めて説明するまでもない。本機の特長は、木製ではなく、ダイカストをベースを使用した先進的なデザインにある。もちろん、これにより共振を無くしハウリング対策も万全となる。アームも精密ダイカスト製、針圧調整機構も実に独創的で且つ扱いやすい。
なお後に、ワンタッチでアームを追加できる同系の専用アーム「PLUSARM 121T」が登場し、マニアを喜ばせた。 
外形寸法:W440×H180×405.5mm
 重量:27kg

テクニクス SU-10000
1972(昭和47年)

SU-10000 
コントロールアンプ ¥450,000
日本のオーディオ界に衝撃。通称「10000番」シリーズのコントロールアンプ。
 このプリと下記のパワーアンプを合わせて95万円。当時、これを上回るセパレートアンプは、マッキントッシュの「C32+MC2300」ぐらいのものであった。技術的には、イコライザー段に3段作動増幅を初めて採りいれるなど、当時の最先端を行き、我が国、高級セパレートアンプの先駆となった。
消費電力:40W 外形寸法:W440×H180×D397.5mm 重量:14kg

テクニクス SE-10000
1972(昭和47年)

SE-10000 
パワーアンプ ¥500,000
電源部の完璧さの追求が定電圧電源の採用になった。その原典である。
 実行出力時(100×2)の歪率が0.01以下。当時のこの数値は驚異的なものであった。つまり、1万分1の歪ということで、これが品番の由来である。特に、出力段を含めたすべてを低電圧電源で駆動させ、安定度、信頼性は、これまでにないレベルに到達した。また、パワーメーターは、正確なピーク値が直読できるワンステージ表示。これも、後の各社パワーメーターの標準的な表示法となったものである。
実行出力:100W+100W(8Ω)、150W+150W(4Ω) 消費電力:310W 
外形寸法:W440×H180×405.5mm
 重量:27kg

テクニクス SB-10001973(昭和48年)
SB-1000 
密閉型 3ウェイ 3ユニットスピーカーシステム 180,000(1台)
テクニクスの徹底した低歪率思想から生まれた、
ブックシェルフシステム究極の形。

 テクニクスには、わが国初のドーム型ユニットを使ったヒットモデル「SB-500」(¥34,800)があった。
 この「SB-1000」は、それと全く異なる次元から開発されたスペシャリティー・モデルである。開発目標は、従来のシステムよりも、歪を3分の1から5分の1までに減少させることであった。
 まずウーファーの磁性体にラミネートコアを採用して、過電流の歪を解消。さらに3層にすきわけたTCコーンで振動歪を減らした。いずれも世界初の試みである。 
 スコーカーのダイアフラムは、同素材によるドーム型。ツイーターは、ダイアフラムとエッジ一体成形のチタン、といった具合に、最も適した素材を高い精度でつくることで目標の数値を達成した。
 さらに見逃せないのが、手間を惜しまぬ箱のつくりである。合板とパーチクルボードを3層に圧着したその極厚は36ミリ。システム重量はなんと52キロにもなる。
 音の表現力は、実に正確で緻密。しかし、オーディオ評論家の受けは今いちであった。海外のシステムを自家用とする評論家たちの耳には、歪のなさが、むしろ素っ気なく感じられたのであろう。
使用ユニット:30cmウーファー、4.5mmドームスコーカー、1.9cmドームツイーター 再生周波数帯域:20~30,000Hz 
クロスオーバー周波数:500~5,000Hz 外形寸法:W392×H582×D397mm 
重量:52kg

テクニクス 71975(昭和50年)
Technics 7(SB-7000)
バスレフ型 3ウェイ3ユニット
スピーカーシステム ¥90,000(1台)

リニアフェイズ理論の正統性を
内外に示した功績は大。

 前年ヤマハは、世界で最初のベリリウム振動板採用のブックシェルフモニーター「NS-1000M」(¥108,000)を発売して話題をさらい、そして、この年は、テクニクスが「リニアフェイズ」という、かつてない新機軸による「Technics7」を発売して話題をさらった。
 この最も大きな特長は、ユニット間の位相特性の問題を世界で始め解明し、実用化したことである。すなわち、ユニット配置、ユニット特性、ネ
ットワークの三者で、位相特性を揃えてやることがいかに重要かを、このシステムは実証したのである。その効果の最も顕著たるところは、ステレオのパースペクティブな再現性にある。
 かくして、この「リニアフェイズ」方式の影響は、ソニーを始め、イギリスの「B&O」や「KEF」、フランスの「キャバス」などに見ることができた。
使用ユニット:35cmウーファー、12cmスコーカー
 3.2cmドームツイーター

再生周波数帯域:35〜20,000Hz 
クロスオーバー周波数:600Hz、3,000Hz
外形寸法:W480×H845×D410mm 重量:36kg

テクニクス SP-100Mark2
1975(昭和50年)
SP-10 Mark2 
クォーツロック・ダイレクトドライブ・ターンテーブルユニット ¥150,000(電源部・リモコン一式)
DDターンテーブルの世界スタンダードと呼べる第一級の信頼性。
 5年前、テクニクスが世界初のDDターンテーブルを発売すると世界は驚いた。回転するものには必ず振動が伴う、といったこれまでの常識を完全に覆しただけではなく、レコード再生の理想に一歩も二歩も近づいたことを実証してみせたからである。その改良モデル「SP-10 Mark2」は電源部を独立。新たにクォーツ・フェイズロック・コントローラーを採り入れて、回転数偏差、負荷特性、機動・停止特性、ワウフラッター、SN比など、どの項目をとっても、非の打ち所がない。それを裏付けるように、発売からわずか1年足らずで、世界20ヶ国、150の放送局に900台が納入された。今日でも、何の支障もなく現役として使用するレコード愛好家は多い。
DDの駆動方式:ブラシレスDCモーターによるクォーツフェイズロックトコントローラー
ターンテーブル:直径32cm、アルミダイカスト製3kg *本体外形寸法:W368.5×H102.5×D368.5mm 本体重量:9.5kg


テクニクス SL-01
1976(昭和51年)
SL-01 
クォーツロック・ダイレクトドライブ・プレーヤー ¥80,000(アクリルカバー付き・カートリッジ別)
大型プレーヤーへのアンチテーゼ。しかもその完成度は実に見事。
 テクニクスはこれまで、ダイカストベースにDDモーターを搭載したオートプレーヤーのラインナップを充実させてきた。そのどれもが、無駄のないコンパクトな形につくられている。そのなかで、本機はオート機構を省き、さらにぎりぎりまで小型化をはかりながら、他の上級プレーヤに劣らぬ完成度をものした。当然、デザインは大変シンプルで美しい。DDの信頼性はもちろんのこと、アームの感度と機能、それに使用感も申し分ない。
DDの駆動方式:ブラシレスDCモーターによるクォーツフェイズロックトコントローラー
ターンテーブル:直径30.1cm、アルミダイカスト製2.9kg *外形寸法:W4429×H137×D347mm 本体重量:10kg


テクニクス EPC-100C1976(昭和51年)
EPC-100C
 MMカートリッジ・ヘッドシェル一体型 ¥60,000
聞き慣れたレコードが一変。テクニクスMMカートリッジの集大成。
 わが国初のMMカートリッジを登場させたテクニクスが、その限界に挑んで開発。聞き込んで傷んだようなレコードも難なくトレースする。
 全発電系がフェライトコアで構成され、カンチレバーはチタニウムポライド(ボロンとチタンを反応させた化合物)のテーパーパイプ。特性は5kHzまでフラット。この実測の特性データと特製LPレコードが添付されて売られた。高価には違いないが、MCのように曻圧トランスやヘッドアンプの不要なことを考えれば、決して高いとはいえない。但し、出力電圧が1.5mVと、MMとしては極めて低いため、SN比の優れたイコライザー部を持つアンプが必要ではあった。
周波数特性:10〜50,000Hz 出力電圧:1.5mV 自重:19g(ヘッドシェル一体型) 交換針:EPS-100ED(¥20,000)

テクニクス A2
1977(昭和52年)
A2 
コントロールアンプ ¥1,600,000
このコントロールアンプを目の前にしては、的確に表現する言葉が浮かばない。
 3年前に登場した、マークレビンソン「LNP-2」(¥1,080,000)の存在が霞んでしまうほど。とにかく、この夥しいコントロール機能が人間工学的に上手くまとめられていることに、まず脱帽でする。内容に目を向ければ、プリ部のイコライザー回路から完全にDC化されていることに驚き、フォノ入力のSN比が95dB(2.5mV)と知ってまた驚く、といった具合で、こちらの理解力を遥かに超えていた。
消費電力:240W 外形寸法:W450×H205×D574mm 重量:38.5kg

テクニクス A1テクニクス A1
1977(昭和52年)
A1 
パワーアンプ ¥1,000,000
比較すべきものがない孤高のパワーアンプ。

 当時、マッキントッシュのトップの座に君臨した「MC2300」(300W×2)が85万8千円。それから見ても、この「A1」が、いかに桁はずれたパワーアンプであったかが分かろうというものである。しかも、1日1台の逸品生産であったから、作品と呼ぶほうが相応しい。
 まず目を見張るのが電源部で、1チャンネル当り4電源、計8電源のLR独立構成だ。さらに、フィー
ドバック回路に使用するコンデンサーまで取り去った完全DC構成のハイパワーAプラス級動作。
とにかく、別格の孤高のパワーアンプ、という一語につきた。
実行出力:350+350W(4Ω、8Ω) 消費電力:1,000W 外形寸法:W450×H249×D550mm 重量:51kg


#1 / 1954〜1969 * #2 / 1971〜1977 * #3 / 1977〜1986 * #4 / 1988〜1992

ご意見メール! 気ままにお寄せください・・・ads@jcom.home.ne.jp

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
Hi-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990
AV時代の到来と
CDの登場

INDEX

*国内ブランド
ACCUPHASE
AUDIO TECHNICACORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
Lo-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVESANSUI
SONYSTAX
TECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY






 
















 

 

 























































































































































































































このページのトップ

*ステレオの産業史|TOP PAGE1881〜19451946〜19571958〜19651966〜19701971〜19801981〜1990
*国内ブランド|ACCUPHASEAUDIO TECHNICACORALDENON
DIATONEEROICA & UESUGIFOSTEXGRACELIVING AUDIOLO-D
LUXONKYOPIONEER & EXCLUSIVESANSUISONYSTAX
TECHNICSTRIO & KENWOODVICTOR (JVC)YAMAHA
 |アンサンブルステレオとセパレートステレオ
*海外ブランド|ALTECARGOODMANSJBLJORDAN WATTSMARANTZMclNTOSH
ORTOFONSMETANNOY



当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.