ステレオの産業史|日本ビクター #4
レコード産業と共に歩んだその源流は、
アメリカビクターとRCA。
< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >


VICTOR (JVC) 日本ビクター株式会社(現・株式会社JVCケンウッド)
#1 / 1954〜1958 * # 2 / 1966〜1970 * #3 / 1970〜1977 * #4 / 1979〜2009



ビクター M-7050
1979(昭和52年)

M-7050 
パワーアンプ ¥250,000
低迷するビクターのセパレートアンプ中で、活路を開いたスーパーAサーキット。
 4chから足を洗った後のビクターのアンプには、デザインを含めて波長の合わない違和感を感じていた。事実、このスーパーAサーキット搭載の「M-7050」が登場する前に、新たなシステムアンプ構想に基づいた「ラボラトリー7070シリーズ」(フォノイコライザー、パワー、チューナー、チャンネルデバイダー、SEAからなる8機種のモデル)が、不発に終わり早々に姿を消した。このショックを払拭するように、原点に戻って開発されたのが本機なのだろう。ペアとなるコントロールアンプの開発は見送られてしまったが、スーパーAサーキットによるスイッチング歪みゼロとパワーリニアリティの両立は、スピーカーのドライブ能力を格段に高めて、新たな活路を拓くきっかけをつくった。
実効出力:150W+150W(8Ω) 消費電力:330W 外形寸法:W420×H160×D415 重量:28.7kg


ビクター SX-G1 Limited1991(平成3年)
SX-G1 Limited(限定生産品) 
バスレフ型 シングルウェイ・スピーカーシステム
¥350,000/スピーカースタンド付属(税別1台)

金ピカ・ユニット(純金コーン)の
サプライズ。その真価は・・・

 昭和バブルがはじけたこの年、ビクターには不安と焦りが募っていた。ポストビデオの切り札で、ビクターが盟主の13社連合のVHD(ビデオディスク)が、パイオニア1社のレーザーディスクの優位に、劣勢を強いられていたからである。
 そこで、「金の幸運」に願を懸けたのか、前代未聞の金ピカ・ユニット搭載モデルの登場と相成った。この前身モデルは、前年に登場し、それなりに注目された「SX-100」(¥25,000)で、コーンにアルミを使っていた。それをアルミ・銅・金箔の3重構造に変えた。箱の材質は無垢の樺桜。しかも、そのフィニ
ッシュが鏡面仕上げという凝りようである。
 それにしても、コストパフォーマンスを度外視した金ピカモデルの意図は何だったのか。リッチなマニアのセカンドシステムとしても、これに勝る選択肢はいくらでもあった・・・。
 なお、8年後には、スコーカーとツイーターに純金を使用した「SX-9000」(¥900,000/税別1台)が、
フラグシップモデルとして登場した。
使用ユニット;12.5cmフルレンジ 再生周波数帯域:55〜17,000Hz インピーダンス:6Ω *出力音圧レベル:87dB(W/m) 
外形寸法:W176×H796(スピーカースタンド含む)×D258mm 重量:12.8kg(スピーカースタンド含む)


ビクター AX-900
1995(平成7年)
AX-900  インテグレーテッドアンプ ¥380,000(税別)
変遷を辿ったビクターアンプの中でも傑出した出来。簡潔なデザインもそれに相応しい。
 プリメインアンプが、いつしかインテグレーテッドアンプと呼ばれるようになり、そのハイグレード化の端緒を拓いたのが、13年前の1982年(昭和57)に登場したケンウッドの「L-02A」(¥550,000)である。
 以後、サンスイ「AU-X1111MOS VIN-TAGE」(¥400,000)、ラックス「L570」(¥350,000)、パイオニア「A-09」(¥430,000)と、各社から採算を度外視した高度なインテグレーテッドアンプが出揃った。この背景には、CDがソースの主流になり、ストレート電送においてはセパレートアンプよりも有利である、という理由が挙げられた。
 そして、ビクターの「AX-900」は、後塵を拝しながらも、満を持して発売しただけに、一際、高度な作りであることが分かる。当然、性格の異なるスピーカーにおいても、そのドライブ能力は見事。但し、筐体の大きさと重さは、インテグレーテッドアンプの限界といえた。
実効出力:75W✕2(8Ω)、200W✕2(3Ω) 周波数特性:0.5〜150,000Hz 消費電力:295W 
外形寸法:W435×H172×D492 重量:33kg


ビクター SX-M7
2009(平成21年)

SX-M7 
バスレフ型 3ウェイ4ユニット
スピーカーシステム 
¥300,000(税別1台)

JVC・ケンウッドとなった
ビクター最後のフロアー型モデル。
スコーカーとツイーターには、
マグネシウム振動板を採用。

 前年ビクターは、経営の悪化により
ケンウッドとの経営統合に踏み切り、新たなスタートを切った。そうした意味でも、この「SX-M7」は、新生JVCの威信を音で示した。
 この前身モデルは、ビクターが初めて、ツイーターにマグネシウムを採用して高い評価を得た2ウェイの「SX-M3(1台¥119,000/税別)である。そして「SX-M7」では、スコーカーにもマグネシウムが採用された。
 なお、マグネシウムは、理想の振動板素材とされながらも、成形することが難しく、それを実現したは、ヤマハの「NS-pf7」(2台1組¥75,000/税別)が最初であった。
 ともかく、マグネシウム振動板の物理特性には驚く。ツイーターの高域は65,000Hzまで伸び、スコーカーの受け持ち帯域は150Hz〜3,500Hzという広さである。 それを裏付けるかのように、これまでのビクターの音とは、一線を画す出来栄えとなった。

使用ユニット:19cmウーファー✕2、14.5cmマグネシウム・コーン・スコーカー、1.9cmマグネシウム・ドーム・ツイーター
再生周波数帯域:26〜65,000Hz クロスオーバー周波数:150Hz、3,500Hz 
外形寸法:W274✕H968✕D419mm 重量:39kg 


ビクター雑感
 先に触れたとおり、日本ビクターは、1927年(昭和2)、アメリカビクター ( Victor Talking Machine Company ) の全額出資で設立された。そのアメリカビクターは、グラモフォンの傍系会社として1901年(明治34)設立。以来、アメリカのレコード界に君臨してきた名門である。その同社が、社運を賭けて世に送った蓄音機「クレデンザ」は、伝説的の銘機として知られ、日本には1926年(大正15)に輸入されている。

 当時の日本政府は、蓄音機とレコードの輸入に高い関税を掛けていた。それでも、日本を有望な市場と見込んだアメリカビクターは、日本の安い労働力で蓄音機を製造し、レコードをプレスすれば、コストを抑えたうえに、高い関税を軽減して、利益を大きく伸ばせると判断した。その日本ビクターの設立から2年後、アメリカビクターはRCA ( Radio Corporation of America ) に買収されたが、翌年に竣工した横浜本社工場は東洋一の規模を誇った。

 創立10周年を迎えた頃には、外資企業といえども、トーキーと電蓄、そしてレコードのエンターテイメントの分野で屈指の存在となった。それが日中戦争の拡大で、RCAは日本市場に見切りをつけ、技術者と在日資産を引き上げた。その折りに、日本ビクターは、あのニッパーマークの商標を譲り受けたのである。
 真珠湾奇襲の前年、日本ビクターの技術者は、残されたRCAの技術資料を頼りに、 わが国初のテレビを完成させ、東京放送(NHK)と陸軍に納入している。この先端技術への類まれな適応と応用力は、明治初期の劣国日本が、イギリス等の先端技術をひたすら学び、真似することで、産業の近代化を成し遂げていったことと重なる・・・。

 そうした日本ビクターの伝統と資質は、戦後も復興再建の中で引き継がれた。一方、戦後に誕生したベンチャー、東京通信工業(ソニー)とは、攻守所を変えて技術の覇を競う好敵手となった。その最もたるものが、10年にも及んだビクターVHSとソニーBETAのビデオ戦争であろう。結果は文字通りビクターの勝利に終わった。それでも、ソニーのフレキシビリティーは、ビクターに勝った。詰まるところ企業文化の違い、ということに尽きるのであろう・・・。 当然それは、ビクター・オーディオと、ソニー・オーディオの違いでもあった。

#1 / 1954〜1958 * # 2 / 1966〜1970 * #3 / 1970〜1977 * #4 / 1979〜2009

ご意見メール! 気ままにお寄せください・・・ads@jcom.home.ne.jp

INDEX

1881〜1945
立体音の発見と
二つの源流

1946〜1957
日本の戦後復興と
Hi-Fiへの熱き試み

1958〜1965
幕を開けた
ステレオの時代

1966〜1970
開花する日本の
独創技術

1971〜1980
4チャンネル騒動と
成熟の頂きに立った
コンポーネント

1981〜1990
AV時代の到来と
CDの登場
INDEX

*国内ブランド
ACCUPHASE
AUDIO TECHNICACORAL
DENON
DIATONE
EROICA & UESUGI
FOSTEX
GRACE
LIVING AUDIO
Lo-D
LUXONKYO
PIONEER & EXCLUSIVESANSUI
SONYSTAXTECHNICS
TRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA

アンサンブルステレオと
セパレートステレオ


*海外ブランド 
ALTECAR
GOODMANSJBL
JORDAN WATTSMARANTZ
MclNTOSH
ORTOFON
SMETANNOY







 













































































































このページのトップ

*ステレオの産業史|TOP PAGE1881〜19451946〜19571958〜19651966〜19701971〜19801981〜1990
*国内ブランド|ACCUPHASEAUDIO TECHNICACORALDENON
DIATONEEROICA & UESUGIFOSTEXGRACELIVING AUDIOLO-D
LUXONKYOPIONEER & EXCLUSIVESANSUISONYSTAXTECHNICSTRIO & KENWOOD
VICTOR (JVC)YAMAHA
 |アンサンブルステレオとセパレートステレオ
*海外ブランド|ALTECARGOODMANSJBLJORDAN WATTSMARANTZMclNTOSH
ORTOFONSMETANNOY


当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2018 ステレオの産業史 All Rights Reserved.