< 欲しいが見つかる !! ポイント貯まる !! >
  人気ワイン・ランキングを毎週水曜に更新 !!



もう一つの真実・・・

歴史の断片(随時更新)









2月の歴史の断片
01 125年前、貧しさの中で開花した
   樋口一葉の名作「たけくらべ」

1月の歴史の断片
16 坂本龍馬の恋女房「お龍」、波乱の人生に幕。享年64
13 幕府の練習艦「咸臨丸」、未知の大航海へ、
   困難なニッポン近代化への第一歩。 

07 31年前、昭和天皇崩御。
  イギリスの大衆紙は戦犯ヒロヒトを特集。

02 74年前、昭和天皇が人間宣言。
   戦争裁可の責任は有耶無耶に・・・

12月の歴史の断片
23 敗戦国の皇太子(上皇陛下)と、A級戦犯の死刑執行。
10 広島で被爆した女流作家、太田洋子の報われぬ死。
08 78年前の12月8日、歴史から消せない
   真珠湾奇襲の騙し討ち。

11月の歴史の断片
29 75年前、東京音楽学校(芸大)が
   ベートーヴェンの「第九」を初演。

04 マラソンの札幌変更に一切の謝罪なし。
   IOCの傲慢無礼・・・

01 74年前、戦時に取り壊された
   ペリー上陸記念碑を復元。

10月の歴史の断片
24 激甚災害の中で執り行われた莫大な浪費、
   即位礼正殿の儀。

01 37年前、ソニーが世界初のCD発売。
   エジソン以来の技術革命。

9月の歴史の断片
13 戦前の名作「風と共に去りぬ」が
   戦後の独立した日本で初公開。

05 114年前、「屈辱だ」と日露講和に不服の
   右翼と群衆、市街焼討ちの暴挙。

01 関東大震災から96年、
   無残 戒厳令下の朝鮮人狩り・・・

8月の歴史の断片
27 89年前、蟹工船の労働者8人が暴行死。
   現代にもある労働搾取。

24 92年前、海軍の猛訓練が招いた
   最悪の海難事故・・・死者150人。

15 74年前、ポツダム宣言の受諾と公文書の焼却命令。
10 74年前、原爆投下は国際法違反、
   幻に終わった日本政府の抗議声明。


 





NEW 更新 2020年 2月16日 
明治新政府の面目まるつぶれ、
後を絶たぬ野蛮な攘夷テロ。

 前年12月、幼帝の明治天皇(16)を抱き込み、ニセの勅書で王政復古のクーデターを企てた倒幕派の公家・岩倉具視。そして、年明けの3日には、朝廷を守護する薩長軍が、進軍する幕府軍と京都の鳥羽伏見で戦火を交えた。

 兵力に劣る薩長軍は、幸いにもイギリスから購入した新式の銃砲で幕府軍を圧倒し、将軍・慶喜の戦意を失墜させた。これにより、攘夷一辺倒の強行策をとってきた朝廷と薩長は、開国和親の方策へと舵を切り、幕府に変わる新政府の発足を、この日、各国公使に手交した。しかし、新政府の威信を脅かす無法な攘夷テロが後を絶たないのである。
 先月にも、神戸で岡山藩の雑兵が、フランス人水兵を挑発して、物騒な騒ぎを起こしたばかりであった。

■ 土佐藩の警護隊、無防備のフランス人水兵11人を斬殺。

 そして、慶応4年(1868)2月15日早朝、フランスの軍艦が大阪の堺に入港すると、上陸した水兵が狼藉を働いている、との噂が広まり、警備にあたっていた土佐藩の警護隊が警告もなく無防備の水兵たちに発砲し、抜刀して斬りかかったのである。この野蛮な行為によってフランス人水兵11人が死亡。大半が20代そこそこの若者たちであった。

 フランス公使は、この野蛮極まるこの行為を厳しく糾弾。新政府には、賠償と土佐藩警備隊の引き渡しを要求。これに対し新政府は、引き渡しの代わりに警備隊20人の公開処刑を申し出て、フランス公使の了解を得た。 処刑は8日後、フランス公使と新政府の官吏が立ち会い、堺の妙国寺において執行の決定がくだされた。

 執行といっても、旧来どおりの切腹である。最初に腹を切ったのは、隊長の蓑浦猪之吉(みのうら いのきち)25歳。 蓑浦は、 時世の七絶をしたためたのち、しきたりにならい、苦悶の形相で腹を十文字に引き裂いた。この酸鼻を極める光景を目のあたりにしたフランス公使は、途中で切腹の取り止めを申し出た。そして切腹を免れた者には流罪の刑が下された。

 各国公使は、野蛮なテロへの警戒を強めながらも、新政府と幕府の内戦の行方を、冷ややかに好奇の目で見守った。また、同月30日には、イギリス公使パークスの襲撃事件も起こり、新政府は、ますます窮地に立たされるのである。



当ホームページに掲載の画像及び文書の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2020 ステレオの産業史 All Rights Reserved.